Site Map

厨房機器のテスト

 チキンペッカーデリのオープンまで1週間を切り、先週末には厨房機器や什器の搬入が行われ、内装工事も完了しました。

 昨日は店舗内に設置した「焼き台」で初めて炭火をおこし、「フライヤー」で調理を行いました。チキンペッカーといえばチキンの炭火焼きとから揚げ。焼きたて・揚げたてをテイクアウトしていただくために、チキンペッカーデリで販売する炭火焼きとから揚げはすべて店舗内で調理しています(発送用真空パック商品は除く)。

deli_1018a

 駅ビルの地下1階という環境で他の店舗の迷惑にならないよう安全に炭火を扱うために、サンピアザをはじめ業者の方々にいろいろとわがままを聞いていただきました。チキンペッカーデリの炭火焼では従来の新さっぽろ店と同じ道南駒ヶ岳山麓の「なら炭」を使用しています。着火から3時間弱かけて安定した熾火(おきび)をつくり、網の上にチキンを並べて20分〜30分かけてじっくり丁寧に焼き上げます。今回は実際に火をおこしチキンを焼いてみることで、熱のこもり方や炭火のおこり具合、煙の流れなどを確認し、業者の方に吸気と排気のバランスなど細かい調節をお願いしました。

deri_1018b

 店舗の周囲はまだ仮の工事用の壁で覆われていますが、開店まで毎日炭火をおこし、お客様に焼きたて・揚げたて・作りたての商品を提供できるようスタッフの研修が続いています。もし店舗の前を通ることがあれば、ちょっとだけ鼻をクンクン効かせてみてください。きっとおいしい香りが漂っているはずです。

ページトップへ