Site Map

和寒町の越冬キャベツ

130121_01

先週より、「たっぶり野菜と鶏肉のスープ」に使用するキャベツが、和寒町NKファームさんの「越冬キャベツ」に切り替わりました。
今ではすっかり全国的にも有名になった和寒町の越冬キャベツ。田んぼも畑も深い眠りにつく中、油圧ショベルで厚い雪をはがし、続いてスコップで雪をはね、さらに手で一層慎重に雪をかき分け、時間をかけて青々としたキャベツ掘り起こします。
 NKファーム代表の中原浩一さんに、話しを伺ったところ、キャベツは収穫後も生きており、雪の中で寝かしておくと、生きようとして栄養素を出し、だんだんと甘くなっていき、芯の部分の糖度は10度ぐらいになるとの事。中原さんは生産者の連携と研究を呼びかけ、高品質の越冬キャベツ作りに心血を注ぎ、付加価値の高いブランド化に努めてきた立役者です。
昨年、和寒町へかぼちゃの買い付けに行った際、農家の方からご紹介をいただき、取引を始めることになりました。
これでスープに使用する野菜は、全て北海道産となります。人参は当別町大塚農場さん、玉ねぎは新篠津村佐藤農産さん、じゃがいもは洞爺湖町原田農場さんのいずれも特別栽培で栽培された野菜です。
安全な野菜がたっぷりと入ったスープを是非一度ご賞味下さい。

ページトップへ