Site Map

最後の中体連

7月も終盤、気がつけば今月はたった1度しかブログを更新していない。
相変わらずのネタ不足、というわけではないのですが、
今回の投稿は、完全に私事です。
中学3年生になる私の次女は、部活でソフトテニス部に所属しています。
越境入学してまで、のめり込んでいる娘のテニス生活も、終わりの時が近づいてきました。
上の画像は、彼女が朝練で私の車からおりてコートへと向かう姿です。
朝4時30分に起床して朝連へと向かい、その足で私は店へ、速攻炭をおこし開店準備をして、再び7時にコートへ向かい、一旦帰宅して朝食と支度を済ませ学校へ・・・といった生活を、小学校2年生から続けてきました。眠たくて辛いなぁと思う事もありましたが、そんな生活も、もう少しで終わりです。感傷的になる親父の気持ちとは裏腹に娘は、やっとこの生活から解放されると思っているかもしれません。コートへと向かう姿も見納めかぁと思い感傷的になる情けない父親、そんな娘の姿を写真に撮りました。
運良く小中と全道優勝するまでになった彼女ですが、今週末に行われる中体連の全道大会を前にして、様々な重圧がのしかかってきていることでしょう。勝ち抜いて、全国大会への切符を手に入れてほしいとは思いますが、怪我なく終わることを一番に願っています。頑張れ !

ページトップへ