Site Map

最近見た映画


最近「いのちの食べかた」という映画を見てきました。公開前から要チェックしていた作品です。

ドイツ・オーストリアで製作された、音楽・ナレーションが一切なしのドキュメンタリー映画。ただひたすら映像と音だけで、食糧を生産する現場映し出されていきます。仕事柄、鶏肉の解体現場は見た事はありますが、この映画に出てくる牛の屠畜シーンはかなり生々しくショッキングなものでした。

効率最優先の現場では、野菜も動物いずれもモノ扱いされ「いのち」は置き去りになり、ただのモノとしか扱われていません。
システマティックに作られた食べ物を、システマティックに食べている今の社会というものが、客観的に見るとこれほど奇妙で終末的な光景なのかということに正直、驚かされました。

普段食べている食品はどこからきて、どう加工されているのか。
衝撃的な内容でしたが、もっと前に知っておくべきだったと。
今生きていられるのは失われたたくさんの命のおかげだから。

食べ物を提供する側の仕事をしている私には、安全な商品を提供する義務があるんだと改めて思い知らされました。

ページトップへ